美容整形の脂肪吸引で太ももを細くする

15

脂肪吸引は文字通り、脂肪を吸引して部分痩せの効果を発揮する美容整形の1つです。お腹やお尻といった部位の施術も人気ですが、太ももが最も人気の施術部位という、クリニックもあるようです。太ももを脂肪吸引で細くすることのメリット、そしてダウンタイムなど施術で気を付けておきたいポイントなどをチェックしてみました。


そもそも脂肪吸引とは

脂肪吸引は専用の医療機器を使い、脂肪細胞自体を吸引することでピンポイントな痩身を可能とした美容整形です。メスで切開しカニューレという細い管を挿入し、そこから医療機器の力で脂肪を吸引していきます。ベイザーリポやボディジェットなど様々な施術法が行われています。

特に脂肪の吸引量に優れていて、他の施術法と比較するとダウンタイムが少ないことから、ベイザーリポが脂肪吸引の主流となっているようです。施術部位のみだけ脂肪を吸引できる美容整形ですので、ボディメイクに優れた効果を発揮します。

脂肪吸引で太ももの脂肪はどれだけ落ちる?

太ももを脂肪吸引で細くするという場合、どのくらいの脂肪を除去することができるのか気になる人も多いでしょう。医師の技術や脂肪のつき具合などによって異なりますが太ももの表側1000ccから1500cc、おしりと太ももうしろ側で1000ccから1500cc程度の脂肪を吸引できるようです。

脂肪吸引を得意としているクリニックであれば、左右の太もも合わせて4リットルから5リットルもの脂肪を除去できます。よりしっかり脂肪を取って欲しいという場合は、脂肪吸引を得意としているクリニックを選ぶと良いでしょう。

バランスの良い美脚になろう

太ももの脂肪吸引を行うメリットは、バランスのとれた美脚になれるという点です。食事制限で体重は落とせても、太ももだけ脂肪がたっぷりついたままという、ダイエットの失敗を経験した人も多いのではないでしょうか。

太ももは食事制限でのダイエットでは、細くするのが難しい部位と言われています。また、運動での太もも痩せは体質によって、太ももに過剰な筋肉がついてしまいほっそりとした美脚からは遠のいてしまいます。脂肪吸引であれば、余分な脂肪だけを減らすことができるので、まさにバランスのとれた美脚になれるのです。

例えば、トップスはSサイズだけどボトムはLサイズじゃないと入らない、ウエストでボトムを選ぶと太ももがパツパツといったファッションの悩みも太ももの脂肪吸引で解決できます。また、脂肪吸引は脂肪細胞自体の数を減らす効果があるので、術後はリバウンドしにくい体質へと変わるようです。

太ももの場合、多くの脂肪を吸引するのでよりリバウンドしにくい体質へと変わる可能性があります。いつもダイエットをしては、元以上に体重が増えてしまうと、リバウンドを繰り返していた人にも脂肪吸引はメリットの大きい美容整形と言えるでしょう。

合わせて読む:人によって変わるおすすめの美容整形手術

ダウンタイムをチェックしよう

美容整形にはダウンタイムがつきものです。施術範囲が広い太ももの脂肪吸引の場合、ダウンタイムは長引く傾向にあるようです。術後約2日から3日は強い腫れと痛みといった症状が出るでしょう。痛みはクリニックから処方してもらう、鎮痛剤を服用して対応します。

特に手術翌日は歩くことさえままならないほど、傷みや腫れが出ます。家族と一緒に暮らしている人は介護してもらうと良いでしょう。一人暮らしで介護を頼める人もいないという場合、できるだけ歩かなくてすむよう、食事や飲み物を事前に購入しておいてベッドの近くに置いておくなどの対処が必要です。

ダウンタイム中、無理に歩いてしまうと治りが遅くなったり、感染症を引き起こすリスクが高まります。太ももの脂肪吸引後は、とにかく安静にすることが重要です。普通に歩けるようになるまでには、約10日から2週間程度の期間が必要です。

完全に腫れや傷み、違和感などが収まるまでには、約2ヶ月から3ヶ月程度の期間がかかります。

傷跡が残らないか心配

脂肪吸引はカニューレを挿入するために、皮膚を切開しなければいけません。メスを使うとなると傷跡が残らないか不安に感じる人もいるでしょう。太ももの脂肪吸引の場合、太ももの横、ビキニライン、お尻と太ももの境目という部位に1ヶ所ずつメスを入れます。

切開するといっても、わずか数センチ程度ですので傷跡はほぼ目立ちません。また、脂肪吸引を得意としているクリニックなら、できるだけ目立たない部位から施術を行うので安心です。

失敗のリスクはある?

美脚に近づける太ももの脂肪吸引ですが手術である以上、失敗のリスクも考えておく必要があります。太ももの脂肪吸引で起こりやすい症状としては、水が溜まる・皮膚がたるむ・表面がでこぼこするなどです。水が溜まってしまうのは脂肪を吸引した際に血管やリンパなどがダメージを負ってしまった、未熟な医師の施術により吸引にムラがあった、術後のケアが不十分だったなどが挙げられます。

もし、水が溜まってしまうと毎日、クリニックに通い水を抜く処置を受けなければいけません。皮膚のたるみは急激に脂肪を取り除いたことで、皮膚が余ってしまい起こります。パンパンに膨らませた風船の空気を抜くと、風船は伸びてシワシワになりますが、このような状態が脂肪吸引でも起こり得るのです。

ただ、皮膚のたるみはベイザーリポなど、たるみを起こしにくい脂肪吸引法を選ぶことで予防することが可能です。皮膚がでこぼこになる症状は、脂肪の取り残しで起こります。脂肪を多く摂り過ぎた部位と、取れなかった部位の差が大きいと皮膚表面がでこぼことしてしまうのです。

この失敗は医師の技術不足で起こります。脂肪吸引を得意としている医師なら、滑らかになるよう脂肪を吸引してくれるので、皮膚がでこぼこになるという失敗を避けられます。

圧迫のケアは必ず行おう

22

太ももだけでなく脂肪吸引後は、必ず圧迫のケアを行う必要があります。圧迫のケアをすることによって、皮下組織に水が溜まってしまうことを予防し、むくみなどの症状を軽減できるのです。太ももに施術を行った場合は、圧着サポーターを装着するのが基本です。

かなり太ももを締め付けるので、脱ぎたくなってしまうかもしれませんが、圧迫のケアを怠ると痛みや内出血、むくみといった症状が強く出る恐れがあります。医師の指示に従い、太ももの脂肪吸引後は患部を圧迫するケアを行いましょう。