注射での美容整形でエラをシャープにしよう

1

本格的に小顔を目指すには、美容整形を受ける方法があります。ただ、顔にメスを入れることに抵抗や不安を感じているという人も少なくないようです。顔が大きく見える要因によっては、メスを使わないプチ整形で小顔にすることも可能です。

ボトックス注射というプチ整形は、顔にメスを入れずに小顔になれる美容整形と言われています。ボトックス注射の効果や向いている人、相場など気になるポイントをチェックしてみましょう。


ボトックス注射で小顔になれる理由

ボトックス注射はボツリヌス菌という、菌から作られたボツリヌス製剤という薬剤を注射器で注入するというプチ整形の1つです。ボツリヌス製剤やアセチルコリンという、神経伝達物質の生成を抑制し筋肉の動きを弱めるという作用があります。

顔が大きく見える要因としては、エラ部分にある「咬筋」という筋肉が大きく発達していることが挙げられます。硬い食べ物をよく口にする、歯を食いしばるクセがあるといった場合、この咬筋が発達しがちです。筋肉は大きくなればなるほど、見た目のボリューム感もアップします。

咬筋が大きく発達している人は、エラが張り結果顔も大きく見えてしまうのです。筋肉の動きを弱める作用のあるボトックス注射を、エラ部分に行うことで咬筋が過剰に発達するのを防ぎます。筋肉が動きにくくなるので次第に咬筋は小さくなり、最終的にはエラ部分をシャープにスッキリさせることが可能です。

ボトックス注射の場合、施術をしてすぐに小顔になるという訳ではなく、少しずつ変化が起こります。個人差はあるものの術後、約1ヶ月程度経つと効果が現れ始めるのが一般的です。ボツリヌス製剤の作用は約半年程度しか持たないので、ボトックス注射で小顔をキープしたい場合は定期的に施術を受ける必要があります。

ただ、何回か施術を繰り返すことで咬筋がかなり小さくなり、メスを使う美容整形並みの小顔を手に入れられるとも言われています。

ボトックス注射が向いている人の条件とは

ボトックス注射で小顔になれるのは、エラ部分の咬筋が発達している人です。奥歯を噛みしめたとき、エラ部分の筋肉がポコッと膨らむという人は、咬筋が大きく発達していることで大顔に見えている可能性があります。このような人はボトックス注射での施術で、小顔になれる可能性が高いです。

逆に脂肪が顔にたっぷりとついている・骨格自体が大きいというケースではボトックス注射を受けても、さほど小顔効果は得られません。ボトックス注射はあくまで、筋肉に作用し顔を小さくできるプチ整形という点は覚えておきたいポイントです。

咬筋が発達していることに加え、できるだけ傷跡が残るような美容整形は避けたいという人にも向いています。ボツリヌス製剤を注射器で、エラ部分に注入するのみの施術なのでメスを使う美容整形のように術後、傷跡が残るというリスクはありません。

身体への負担が軽い方法で顔を小さくしたいという人も、ボトックス注射なら安心して施術を受けることができるでしょう。

ボトックス注射の平均相場をチェックしよう

手軽で負担の少ないボトックス注射、チャレンジしてみたいけれど費用面が心配という人も多いのではないでしょうか。美容整形は健康保険は適用されず、全額負担しなければいけません。メスを使う美容整形よりは安いといっても、プチ整形もそれなりの金額がかかるのではと気になるでしょう。

美容整形は自由診療となるので、各クリニックでボトックス注射の料金は異なります。エラ部分に施術を行う小顔整形でボトックス注射を行う場合の、平均価格は5万円から10万円前後です。ただ、クリニックによっては麻酔代や注射針の費用などが含まれておらず、ボトックス注射の料金にこれらの金額がプラスされるケースもあります。

施術を受けた後、思っていたよりも高い料金を請求された、ということにならないよう最終的にどのくらいの金額がかかるのかカウンセリング時に相談しておくことをおすすめします。

合わせて読む:美容整形をしたあとは、パスポートの写真が気になる!ちゃんと出入国できる?

プチ整形でもダウンタイムはある?

美容整形を受ける上で必ず把握しておきたいのが「ダウンタイム」です。ダウンタイムとは美容整形を受けてから、日常生活を問題なく過ごせるまでにかかる回復期間のことを言います。ボトックス注射はメスを使わないプチ整形ではあるものの、やはりダウンタイムはあるようです。

ボトックス注射の施術後、ダウンタイム期間中に起こりやすい症状は2つあります。1つは腫れです。ただし、ボツリヌス製剤の注入量が適正であれば、ほとんど腫れるということはありません。もし腫れたとしても数時間程度で元に戻ります。

ボトックス注射で注意しておきたいのが内出血です。注射針を刺すので、どれだけ腕の良いドクターに施術を行ってもらっても、少なからず内出血は起こります。ですが、ボトックス注射を得意としているクリニックであれば、内出血が起こり難い細い注射針を使い施術を行っている可能性が高いです。

注射針が細ければ細いほど、内出血も小さくて済みます。内出血は1週間から2週間程度すれば自然と消えて行きますし、メイクで上手くカバーすることも可能です。全くダウンタイムが無いとは言えないものの、さほど目立たない症状しか起こらないのでボトックス注射は比較的、安心して受けられる小顔整形と言えるでしょう。

術後に注意したいポイント

メスを使わないプチ整形のボトックス注射ですが、術後はいくつか気をつけたいポイントがあります。顔のサイズ感が気になる人の中には、少しでも小顔に近づけるようフェイスマッサージを日課としている人も多いようです、フェイスマッサージをすることでリンパの流れが良くなり、顔をスッキリ見せるという効果が期待できます。

ただ、ボトックス注射後はフェイスマッサージを行うのはNGです。マッサージをしてしまうと、せっかく注入したボツリヌス製剤が分散してしまい、思ったような小顔効果が得られません。ボトックス注射後は約2週間前後、フェイスマッサージをお休みするのが一般的です。

フェイスマッサージが日課となっている人も、術後2週間は行わないようにしましょう。洗顔やメイクは施術当日から行うことが可能ですが、ボツリヌス製剤の分散を避けるため、施術部位はあまり触らないようにします。また、ボツリヌス製剤はとても熱に弱い特性があるので、身体を温める行為も避ける必要があります。

ボトックス注射当日はお風呂につかるのは避けて、シャワーだけですませましょう。身体を温めることになってしまう飲酒や運動もNGです。

参考資料-札幌中央クリニック